SEAS-OI

プロジェクトの記述

インド洋での環境の衛星監視。

SEAS-OI ステーションは衛星画像 (SPOT と RADARSAT-2) を取得したリモートセンシングの最先端である。目的は東インド洋の知識と分析と管理を容易にすること。

SEAS-OIチームは取得された映像画像の配信ポータルの設定をするためにGeomatysにコンタクトをとった。
最大の挑戦は画像方式とレーダー方式にExamindソリューションを適応させること、膨大なデータ(数10TB)の自動統合、このデータを高解像度で伝送と可視化することであった。

Geomatysのサービス

  • 地球観測の鑑定。
  • 膨大な衛星データの管理。
  • OGC標準の尊重。
  • 出版の手続きとデータの統合の自動化。

使用した技術

  • Examind
  • Geotoolkit / GeoAPI / ApacheSIS
  • Liferay
  • Bootstrap
  • OpenLayers 3
  • Spring / Flyaway
  • Java