DREAM GSTP (Airbus Defence & Space)

プロジェクトの記述

衛星データの正射投影化のプロトタイプ。プラットフォームはOGCに基づく : WPSと WMS とCSW。

初めにESAが出資したDREAMプロジェクト内で企画されたプロジェクトは工業化活動をしている。Geomatysは WPSサービスとCSWをソースデータと管理後データの分類のために設定し、管理後データの表示をするためのWMS の設定もした。サーバー上でのソースデータの設定からユーザー用の管理後データのをすべて管理した。 : 
Examindはローデータを統合してリサーチ用及び CSWカタログ処理のためにそのデータを管理した。なお、WPS はユーザーのデータ管理をした。データは再処理されて WMSサービスを使って提供された。 

Geotoolkitの能力を活用するためにAstriumが作成したコードを適用して計算結果を WPSで使用した。 

正射投影化処理の必須条件にMashupウエブクライアントを適応した。

Geomatysのサービス

  • 処理コードの効率化をするGeotk鑑定とライブラリー 。
  • WPS 、OGC 標準と Examindプラットフォームでの標準を実現する技術者
  • 一般的なWPS クライアントの開発

使用した技術

  • Examind / Geotoolkit
  • HTML5 Mapshup (Web Client)
  • Bootstrap / AngularJs
  • OpenLayer 3 / Spring

結果報告

dream
Dream 2